2020年6月1日月曜日



Z500 整備記録その2

キャブOH 
整備付きの場合、基本バラせるだけバラして組み上げます

その際に各パッキン、フロートバルブは新品となります

特に連結ジョイントやOリングは交換しとかないと後でバラすのが面倒なんでやっときます(笑)

スロー、メイン、ニードルジェット類はそのままの使用となりますがヘタリが酷く症状に響いてしまうものは交換いたします♪

ぶっちゃけキャブは当たり外れがあるのでダメなもんはダメと諦めないとハマるしバイクは調子良くなりません(笑)




そしてタペット調整

これも基本の整備ですね

各気筒ごとに計測及び調整いたします♪

今回のZ500はインナーシムとなりますのでカムの脱着が必要となります

アウターシムのように簡単に調整が出来ませんのでメンテナンスで受ける場合、少し高い工賃をいただきます

間違ってもお金がないからって素人さんはやらないでくださいよ(笑)

Sさんの車両は今回、数カ所のクリアランス調整を行ってますのでしばらくやる必要はないと思います

その他、カムのあたり、カジリも無く良好でした♪

つづく

BMI 川島


0 件のコメント:

コメントを投稿